【まだ売ってない本しか紹介しない】架空書店

右利き先生と架空書店の「往復書簡」Season2 Vol.7

右利き先生

こんばんは

先週はお手紙ありがとうございます

😊

何はさておき

メリークリスマス⛄️

楽しいクリスマスを計画されていることと

拝察いたします

🎄

マスターは…

おとといかな?

赤いコートを羽織って

ちょっとサンタさんっぽいことを

してきましたよ

🎅

さて、

前回のお手紙では

先生のいろんなことを暴露していただいて

ビックリするやら楽しいやら

(笑)

そんな先生の

『写真はメニュー』の一文は

けだし至言。

実物と対面してというのは、

人に限らず、

飲食店の一皿から一着の服に至るまで

枚挙に暇がありませんね

さて、先生からは、

『マスターじゃない

何者かになれるとしたら、

何になりたいですか?』

というお題をいただいていました。

🔖

イケメンとか

絶世の美女とか

あれこれ考えてみたのですが、

最終的に

「マスターのままで構わないので

どこか全然知らない土地に生まれ落ちて

成長してみたい」

というのがマスターの答えです

☝️

「仮に自分が

今とは全く異なる環境に生まれ落ちて

成長したとしたとしても

なおも感じる

普遍的な自分らしさとは果たして何か?」

「自分が思う自分らしさって

一体どこからきてどうしてこうなったのか?」

🤔

たとえ全く違う土地に生まれても

今ある自分らしさって

やっぱりある(芽生える)ものなのかな?

それとも全然違う自分になってしまうのか?

でもそれって自分じゃなくないか?

という疑問がとめどなく湧いてきてしまって…

😥

もちろん

正しい答えはわかりようもないのですが

それにしても

自分らしさって

こんなにも不安定で外部に影響されやすいものなのか?

とも思ってしまいますよね

💦

ちょうどいい

タイミングですから

今年のサンタさんには

「普遍的な自分らしさ」を

いただけるように

お願いしておきましょうかね

(笑)

さて、

次の書簡には、

どんなテーマをお願いしましょうか?

🤗

「2022年のワタシ」

というテーマはいかがでしょう?

こうなりたいッ!

これやるよ!

こうなるに違いない!

といった

希望、予想、宣言などをお待ちしています。

😌

それでは

よい年末年始を!

😉

かしこ

架空書店のマスターより